概要
入学希望者
在学生
卒業生・修了生
Home

「神戸大学大学院法学研究科・法学部」サイトへようこそ

KobeLS  KobeTLP  KobeLLM
大学院法学研究科志望者のみなさんへ
来年度大学院入学希望者のための新しい「案内」が各種発行されています。
大学院法学研究科案内   法科大学院案内
法学研究科入学試験受験者の皆さんへ平成29年度後期課程(高度専門法曹 コース)入学試験合格通知についてお知らせします。[2/9]
法科大学院入学希望者の皆さんへ平成29年度の入試問題を公開しました[1/11]
「トップローヤーズ・プログラム」(弁護士向けの博士課程後期課程)入学希望者の皆さんへ:トップローヤーズ・プログラムのウェブサイトができました。こちらのページをご覧ください[8/3]
法科大学院入学希望者の皆さんへ平成29年度募集要項を公表しました[7/1]
大学院博士前期課程入学希望者の皆さんへ平成29年度 Kobe LL.M. (GMAP in Law) コース【4月入学】学生募集要項を公表しました
大学院博士前期課程入学希望者の皆さんへ平成29年度学生募集要項(研究者コース・専修コース・社会人コース・法曹リカレントコース)を公表しました
トピックス
法学部科目等履修生希望者・聴講生希望者の皆さんへ平成29年度前期募集要項が更新されました[1/10]
法学研究科科目等履修生希望者の皆さんへ平成29年度前期実務法律専攻科目等履修生募集要項が更新されました[1/6]
国連広報センター根本所長が特別講義を行いました[12/5]
平成29年3月学部卒業予定の皆さんへ【重要】平成29年3月卒業予定者の氏名・生年月日の確認及び進路等調査票等の提出について [11/14]
法学部2・3年生の皆さんへ「法学部3・4年次演習説明会」を実施します。 [11/14]
在学生の皆さんへ就職活動説明会を実施します。[11/11]
在学生の皆さんへ平成29年度神戸大学部局間協定校派遣交換学生を募集します。[11/8]
法科大学院のウェブサイトをリニューアルしました[7/4]
 来年度入学希望者のための新しい「案内」が各種発行されています。
 法学部案内   大学院法学研究科案内   法科大学院案内
法学部科目等履修生・聴講生希望者の皆さんへ平成28年度後期選考要項が更新されました[7/5]
法科大学院生の皆さんへ:専門実践教育訓練給付金制度についてのお知らせ
本法科大学院は、既修者コース、未修者コースともに、専門実践教育訓練給付金の支給の対象となる厚生労働大臣指定講座に認定されています。専門実践教育訓練給付金は、雇用保険の一般被保険者(であった方)のうち一定の要件を満たした方が、ハローワークでの手続をしたうえで、厚生労働大臣の指定する教育訓練を受講し修了した場合に支給されるものです。(専門実践教育訓練明示書
外国人留学生の皆さんへ平成28年度後期外国人研究生募集要項が更新されました[4/27]
熊本地震で被災された世帯の本学学生に対する経済支援について [4/22]
法学部在学生の皆さんへ(卒業予定者を除く)【重要】平成27年度後期「成績発表」,平成28年度前期「教養原論抽選登録」および「履修登録」についてお知らせします。[1/20]
在学生の皆さんへ最新のメールアドレスを登録してください(11月に安否確認訓練を実施予定)[10/15]
21世紀COEプログラム 「市場化社会の法動態学」研究センター(CDAMS)のディスカッションペーパーを学術成果リポジトリKernelに登録・公開しました。
東北地方太平洋沖地震で被災された皆様へのメッセージ [2011/3/16]

イベントスケジュール
国際仲裁弁護士によるセミナーのご案内
日 時:2月21日(火)13:30-15:00
場 所:アカデミア館404
使用言語:英語
“Is an international investor approved to recourse to BITs for claiming the amounts owed under international arbitration award?”
~アジアにおける投資仲裁の現状~

日 時:2月23日(木)13:30-15:00
場 所:アカデミア館404
使用言語:英語
“An Investment Court under the TTIP – Implications to Asia”
~TTIPにおける投資裁判所とアジアへの示唆~
講師はいずれもMonty Taylor氏です。
事前申し込みは必要ありません。
詳細はこちら
シンポジウム「責任無能力者による不法行為と『家族』の責任」のお知らせ
日時:2017年3月29日13:00~17:00
場所:神戸大学六甲台第1キャンパス本館102号教室
【プログラム】
「はじめに-問題の所在」 窪田充見
「近時の判例にみられる監督義務者責任の流れとその評価」 前田陽一
「不法行為責任と家族の関わり」 久保野恵美子
「精神病の患者に関する看護の態勢とあるべき制度設計」 手嶋豊
「総括とコメント」 大塚塚直・米村滋人
詳細はこちら