概要

研究科長からのメッセージ

大学院進学希望のみなさんへのメッセージ

 神戸大学の歴史は、1902年(明治35年)の旧制神戸高等商業専門学校(神戸高商)の創立とともに始まります。神戸高商を受け継ぐ法学部をはじめとする六甲台の社会科学系部局は、わが国の社会科学をリードする教育研究機関として、長い歴史を育んできました。その歴史と伝統は、大阪湾を見晴らすことができる六甲台キャンパスに美しい姿で建つ社会科学系図書館や出光佐三記念六甲台講堂等の建物において、まさに実感として味わうことができるはずです。

  現代社会において大学院が果たすべき役割には、さまざまなものがあります。そのひとつは、1953年(昭和28年)に新制の大学院として本研究科が出発した当初からの目的である研究者の養成です。法学・政治学の分野で活躍する研究者を輩出し、わが国の教育・研究をリードしてきた神戸大学法学研究科にとって、これは、現在でも重要な役割です。

 また、企業や官公庁等さまざまな分野で活躍する人材の育成も、現代社会における大学院の重要な役割です。こうした人材育成に向けて他大学に先駆けて実現した法政策専攻(1992年)、総合研究コース(1995年)の設置を経て、現在では、専修コース(博士課程前期課程)、社会人コース(同)、Kobe LL. M.(GMAP in Law)コース(同)、法曹リカレントコース(同)、高度専門職業人コース(博士課程後期課程)が、この役割を担っています。また、すでに法律家として活躍している方々に対する高度の継続教育を実現するものとして高度専門法曹コース(博士課程後期課程)が用意されています。

 現在の日本社会は、先行きの見通しが容易ではなく、ある意味で閉塞感に充ちています。しかし、そうした状況だからこそ、日本という国の真価が問われるとともに、社会のさまざまな分野をリードしていく人材を養成するということが重要であり、不可欠なのだと思います。

 社会の多様なニーズに応え、すぐれた人材を養成するというのは、決して容易なことではありません。しかし、その目的に向かって、大学院生諸君とともに、われわれ教員も、最高の教育や研究のサポートを提供すべく頑張ります。勉強も研究も、もちろん大変です。でも、それは、同時に、ものすごく楽しいはずです。そんな大変で楽しいことを、一緒にやっていこうではありませんか。

法学研究科長・法学部長 大西裕
(2017年10月)

概要