教員紹介

松村尚子(まつむら・なおこ)

主要研究テーマ 司法的紛争処理制度、協定遵守をめぐる問題、外交問題と世論、サーベイ実験
経歴 2015年12月 ライス大学政治学部 博士課程修了(PhD in Political Science)
2016年1月  一橋大学大学院法学研究科 特任助教
2017年4月  一橋大学大学院法学研究科 専任講師
2018年3月  神戸大学大学院法学研究科 准教授
2022年4月  神戸大学大学院法学研究科 教授
主要研究業績

Matsumura, Naoko, and Atsushi Tago. 2019. Negative Surprise in UN Security Council Authorization: Do the UK and French Vetoes Influence the General Public’s Support of US Military Action?. Journal of Peace Research 56(3):395-409.

Matsumura, Naoko. 2019. A WTO Ruling Matters: Citizens’ Support for the Government’s Compliance with Trade Agreements. Peace Economics, Peace Science and Public Policy 25(2):1-12. DOI:10.1515/peps-2018-0013

Mattes, Michaela, Brett Ashley Leeds, and Naoko Matsumura. 2016. Measuring Changes in Source of Leader Support: The CHISOLS Dataset. Journal of Peace Research 52(3): 259–267.


松村尚子「第7章 直接投資―2国間投資協定によるガバナンス―」大芝亮ほか編『パワーから読み解くグローバル・ガバナンス論』有斐閣、2018年4月。

ジョセフ・グリエコ・松村尚子・多湖淳「第10章 核兵器タブーをめぐるサーベ イ実験-日本人の認識を事例に」鈴木基史・飯田敬輔(編)『国際関係研究の方 法[解説と実践]』、東京大学出版会、2021年9月。

神戸大学研究者紹介システム

個人HP https://nmatsumura.com
公的活動  
教員紹介