概要

学部長からのメッセージ

神戸大学法学部はこのような人材の育成を目指します

 神戸大学の歴史は、1902年(明治35年)の旧制神戸高等商業専門学校(神戸高商)の創立とともに始まります。神戸高商を受け継ぐ六甲台の社会科学系部局は、わが国の社会科学をリードする教育研究機関として、長い歴史を育んできました。その歴史と伝統は、大阪湾を見晴らすことができる六甲台キャンパスに美しい姿で建つ社会科学系図書館や出光佐三記念六甲台講堂等の建物において、まさに実感として味わうことができるはずです。

 このような歴史と伝統の上に立って、急激に変化し高度化・複雑化する現代社会の要請に応えるため、神戸大学法学部は以下のような人材の育成を目指します。 

第一に、ますます高度に専門化する社会において、十分に活躍できる力をもった法曹や、専門性を有する公務員、企業人等が必要とされています。法学部では、永年にわたる法学・政治学等の学問的な活動によって今日まで培ってきた蓄積と知的資産を活用し、幅広い教養及び法学・政治学的素養を備え、かつ高度に専門化した社会の要請に対応し得る問題解決能力を身につけた人材を育成することを目指します。

第二に、急激に進展しつつある国際的環境において、これまでになかった様々な問題が発生しており、そうした新しいニーズに具体的に対応できる、柔軟な国際人が必要とされています。法学部では、世界有数の経済力を有する日本が、今後ますます国際的責任を果たすべき必要性と使命に応えるため、法的・政治的な領域において国際的な貢献を行う能力を有する人材を育成することを目指します。 

法学研究科長・法学部長 角松生史
(2019年10月)

概要