教員紹介

多湖淳(たご・あつし)

主要研究テーマ アメリカ合衆国の軍事行動
多角主義と単独主義をめぐる国際政治理論
計量手法による国際関係の実証分析
経歴 1976年 静岡県生まれ
1995年 長野県松本深志高校卒業
1999年 東京大学教養学部卒
2001年 同上大学院総合文化研究科(国際社会科学専攻)修士課程修了
2001年より3年間 日本学術振興会特別研究員(DC1)
2002年より2年半 米国ミシガン大学(アナーバー校)政治学部客員研究員
2004年 東京大学大学院総合文化研究科(国際社会科学専攻)博士課程退学
2004年より3年間 日本学術振興会特別研究員(PD)
2007年2月 博士号(学術)取得(東京大学)

2007年 神戸大学大学院法学研究科准教授 
2015年 神戸大学大学院法学研究科教授
主要研究業績
  1. "To Denounce or Not To Denounce: Survey Experiments on Diplomatic Quarrels," Shoko Kohama, Kazunori Inamasu and Atsushi Tago, Political Communication, forthcoming.
  2. "An ‘A’for effort: Experimental evidence on UN Security Council engagement and support for US military action in Japan" Atsushi Tago and Maki Ikeda, British Journal of Political Science 2015, 45 (02), 391-410
  3. “When Are Democratic Friends Unreliable?: The Unilateral Withdrawal of Troops from the Coalition of the Willing,” Journal of Peace Research. 2009, 46(2): 219-234. 
  4. “Is There an Aid-for-Participation-Deal?: US Economic and Military Aid Policy to Coalition Forces (Non)Participants” International Relations of the Asia-Pacific, 2008, 8(3): 379-398. 
  5. “Why Do States Join US-led Military Coalitions?: The Compulsion of the Coalition’s Missions and Legitimacy?,” International Relations of the Asia-Pacific. 2007, No. 7, 179-202. 
  6. “Determinants of Multilateralism in US Use of Force: State of Economy, Election Cycle, and Divided Government,” Journal of Peace Research. 2005, No. 42, 585-604. 
  7. 「国際制度と集団正当化:米国の軍事行動における制度選択の分析」
    『季刊 国際政治』132号(2003年)、89~102頁
神戸大学研究者紹介システム
個人HP http://www2.kobe-u.ac.jp/~tago/
公的活動 International Relations of the Asia-Pacific 編集委員(2009年1月より)
教員紹介