教員紹介

西上治 (にしがみ・おさむ)

主要研究テーマ 機関争訟、権力分立
経歴 1985年 大阪府堺市出身
2004年 大阪府立三国丘高校卒業
2008年 東京大学法学部卒業
2011年 東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻修了
2011年 東京大学大学院法学政治学研究科助教
2014年 東京大学高齢社会総合研究機構特任助教
2015年 大阪市立大学大学院法学研究科准教授
2017年 神戸大学大学院法学研究科准教授
2017年~ フライブルク大学において在外研究
主要研究業績 『機関争訟の「法律上の争訟」性』(有斐閣、2017年)
「行政事件の再定位?――杉並区住基ネット訴訟を巡って」法律時報89巻6号
35頁以下(2017年)
「裁量判断における専門機関の位置」法学雑誌62巻3・4号420頁以下(2016年)

神戸大学研究者紹介システム
公的活動 大阪法務局評価委員会委員(2016年)
堺市行政不服審査会委員(2016年~2017年)
公益財団法人国際交通安全学会特別研究委員(2016年~2017年)
教員紹介