教員紹介

青木哲(あおき・さとし)

主要研究テーマ 民事手続法をめぐる諸問題
経歴 1976年 東京都生まれ
1994年 筑波大学附属駒場高校卒業
1998年 東京大学法学部卒業

東京大学大学院法学政治学研究科助手を経て
2002年 神戸大学大学院法学研究科助教授(2007年~准教授)
2006年~2007年 ドイツ・ケルン大学在外研究
2015年 神戸大学大学院法学研究科教授
主要研究業績 「不動産執行における執行債務者と所有者の関係について」民事訴訟雑誌58号 (2012年)
「給付訴訟における権利能力のない社団の当事者適格と本案の問題について」 伊藤眞先生古稀祝賀論文集『民事手続の現代的使命』(有斐閣、2015年)
「請求の目的物の所持者に対する判決効について」松本博之先生古稀祝賀論文集 『民事手続法制の展開と手続原則』(弘文堂、2016年)
「再審の訴えにおける原告適格と「本案の審理及び裁判」について」神戸法学雑 誌68巻4号(2019年)
神戸大学研究者紹介システム
公的活動 法制審議会民事訴訟法(IT化関係)部会幹事(2020年~)
法制審議会担保法制部会幹事(2021年~)
教員紹介