概要
入学希望者
在学生
卒業生・修了生
Home
Home > 概要 > 教員紹介 > 専任教員 >杉井 俊介

概要

教員紹介

杉井 俊介(すぎい・しゅんすけ) 
 
主要研究テーマ 原告適格法理の日米比較、法律上の争訟をめぐる諸問題
経歴 1985年 岡山県生まれ
2004年 岡山県立岡山城東高校 卒業 
2009年 同志社大学法学部 卒業
2011年 同志社大学大学院司法研究科法務専攻 修了
2016年 神戸大学大学院法学研究科博士後期課程 退学
2016年 神戸大学大学院法学研究科講師  
主要研究業績 「日本における主観訴訟と客観訴訟の概念の系譜(3完)」『自治研究』92巻4号(2016年)
「日本における主観訴訟と客観訴訟の概念の系譜(2)」『自治研究』92巻3号(2016年)
「日本における主観訴訟と客観訴訟の概念の系譜(1)」『自治研究』92巻2号(2016年)
「市の福祉事務職員による生活保護申請不受理、開始決定後の不履行、生活保護申請の自粛勧告の違法性が国家賠償請求上認められた事例」『自治研究』91巻2号(2015年)
公的活動  


→ 教員一覧に戻る