概要
入学希望者
在学生
卒業生・修了生
Home
Home > 概要 > 教員紹介 > 専任教員 > 嶋矢貴之

概要

教員紹介

嶋矢貴之 (しまや・たかゆき) 
 
主要研究テーマ 汚職の規制、共同正犯論、暴行・脅迫による重大犯罪
経歴 1974年 愛媛県松山市生まれ
1993年 私立愛光学園高校卒業
1999年 東京大学法学部卒業
2002年 東京大学修士(法学)
東京大学大学院法学政治学研究科博士課程

2002年 神戸大学大学院法学研究科助手
2004年 神戸大学大学院法学研究科助教授
2007年 神戸大学大学院法学研究科准教授
2015年 神戸大学大学院法学研究科教授
主要研究業績 「事後強盗罪における窃盗の機会継続性」ジュリスト1247号166頁

「過失犯の共同正犯論(1)(2・完)-共同正犯論序説-」法学協会雑誌121巻1号77頁・10号1657頁

「賄賂罪」法学教室306号55頁

「強盗罪と恐喝罪の区別」山口厚先生献呈論文集263頁

「旧刑法期における性犯罪規定の立法・判例・解釈論」刑事法ジャーナル 45号129頁

神戸大学研究者紹介システム
公的活動 松陰女子大学非常勤講師(2012年度~)
東京大学法学政治学研究科 共通到達度確認試験施行試験委員会委員(2014年度~)


→ 教員一覧に戻る