概要
入学希望者
在学生
卒業生・修了生
Home
Home > 概要 > 教員紹介 > 専任教員 > 栗栖薫子

概要

教員紹介

栗栖薫子 (くるす・かおる) 
 
主要研究テーマ 国際関係論(国際制度論、グローバル・ガヴァナンス)
人間の安全保障、地域的安全保障
現代日本の多国間外交
経歴 1991年 上智大学外国語学部卒業(および国際関係論副専攻修了)
1989-1990年 カリフォルニア大学(サンタクルーズ校、政治学専攻)
1993年 東京大学大学院総合文化研究科国際関係論専攻・修士課程修了
1997年 東京大学大学院総合文化研究科国際関係論専攻・博士課程
      単位取得退学
2006年 博士号(国際公共政策、大阪大学)

1997年 九州大学大学院比較社会文化研究科 助手
1999年 神戸大学国際文化学部講師(ならびに大学院総合人間科学研究科
      担当)
2001年 同 助教授
2002年10月~ 大阪大学大学院国際公共政策研究科・助教授(准教授)
2002-2003年 ケンブリッジ大学国際問題研究所・客員研究員(文部科学省
         若手在外研究員)
2009年10月~ 神戸大学大学院法学研究科教授
2005年~ 東京大学大学院総合文化研究科・客員准教授 (2009年10月~
       客員教授)
主要研究業績 (1)「欧州安全保障協力会議(CSCE)の人的次元-レジーム論による分析」
  『国際政治』第112号(1996年)、139-157頁。
(2)「人間の安全保障」『国際政治』第117号(1998年)、85-102頁。
(3) 「人間の安全保障-主権国家システムの変容とガバナンス」赤根谷達雄、
  落合浩太郎編『新しい安全保障論の視座』亜紀書房、2001年、113-149
  頁。
(4)「国内紛争と国際安全保障の諸制度についての一考察」『国際問題』
  第511号(2002年)、47-62頁。
(5)「人間安全保障『規範』の形成とグローバル・ガヴァナンス─規範複合化の
  視点から」『国際政治』第143号(2005年)、76-91頁。
(6)“Japan’s Struggle for UN Membership in 1955.”In Makoto Iokibe et.al.
   eds., Japan’s Diplomacy in the 1950s, London: Routledge, 2008, pp.
  114-136.
(7) “Japan as an Active Agent for Global Norms: The Political Dynamism
Behind the Acceptance and Promotion of ‘Human Security’,” (trans. By R. Kersten) Asia Pacific Review 18-2, 2011: 115-137.
(8) “In Search of More Proactive International Role: the Political Dynamism behind Human Security in Japan,” (trans. By R. Kersten) in Wiliam Tow et.al., eds., New Approaches to Human Security in the Asia-Pacific: China, Japan and Australia, (Ashgate, 2013), 212-235.
(9) (with Satoshi Miura) “Why do Companies Join the United Nations Global Compact,” in K. Tsutsui and A. Lim eds., Corporate Social Responsibility in a Globalizing World (Cambridge University Press, 2015): 286-320.
(10) “Does the Concept of Human Security Generate Additional Value? An Analysis of Japanese Stakeholder Perceptions,” JICA Research Institute Working Paper No.122, 2016: 1-45.
(11)共著『国際政治学をつかむ(新版)』有斐閣、2015年。

神戸大学研究者紹介システム
公的活動  


→ 教員一覧に戻る