概要
入学希望者
在学生
卒業生・修了生
Home
Home > 概要 > 教員紹介 > 専任教員 > 板持研吾

概要

教員紹介

板持 研吾(いたもち・けんご) 
 
主要研究テーマ 土地法、団体法
経歴 1986年 広島県生まれ
2005年 島根県立松江北高校 卒業
2010年 東京大学法学部第三類 卒業
2012年 同大学院法学政治学研究科修士課程 修了
2012年 同助教
2014年 ジョージア大学ロー・スクールLL.M.課程 修了
2014年 同客員研究員
2015年 東京大学大学院法学政治学研究科助教
2016年 神戸大学大学院法学研究科特命助教  
主要研究業績 「財産法の新たな見通しとしての熟議デモクラシー(論文紹介Anna di Robilant, Property and Democratic Deliberation:New Numerus Clausus Principle and Democratic Experimentalism in Property Law)」『アメリカ法』2015-1号(2015年)
「 著書紹介:Richard R. W. Brooks and Carol Rose, Saving the Neighborhood:Racially Restrictive Covenants, Law, and Social Norms」『国家学会雑誌』127巻3-4号(2014年)
「現代アメリカにおける不動産賃貸借法制─財産法と契約法の協働─」『国家学会雑誌』126巻5-6号(2013年)
「 不動産売買における危険負担[Brush Grocery Kart, Inc. v. Sure Fine Market, Inc.] [Bryantv. Willison Real Estate Co.]」樋口範雄他編『アメリカ法判例百選』(2012年、有斐閣)
公的活動  


→ 教員一覧に戻る