概要
入学希望者
在学生
卒業生・修了生
Home
Home > 概要 > 評価・FD >スタッフ・ランチョンセミナー

概要

スタッフ・ランチョンセミナー

神戸大学法学研究科では、スタッフ間の相互理解と研鑽のために、セミナーを不定期で開催しています。昼食を共にしながら、比較的気軽な雰囲気の中で(専門外も含めた内容の)報告を聞く本セミナーは、同僚の研究関心や現況等について知るための貴重な機会となっています。
これまで以下のようなセミナーが開催され、または予定されています。

開催日 報告者 報告表題
第47回 2016年9月28日 丸山 英二 科研費研究計画調書の構造と書き方
第46回 2016年7月27日 上嶌 一高 URAの支援を得た科学研究費補助金申請の例/品田裕  科学研究費補助金申請とその周辺
第45回 2016年7月6日 馬場 健一 教養法学・政治学教育の現状と課題 1年間の『法と政治』教育部会長の経験から
第44回 2016年3月16日 中野 俊一郎・中川丈久・池田公博 「法科大学院公的支援見直し加算プログラム」について
第43回 2016年1月26日 川島 富士雄 TPP協定における国有企業規律−−その背景と意義—
第42回 2015年10月6日 渕 圭吾 憲法の財産権保障と租税立法の関係について
第41回 2015年3月4日 近藤 光男 株式会社の機関の変遷:平成26年会社法改正の評価
第40回 2015年2月23日 曽我 謙悟 行政をどのように捉えるか:『行政学』に書いたこと・書かなかったこと
第39回 2015年2月19日 神山 弘行 金融取引と課税に関する一考察
第38回 2014年9月24日 池田 公博 平成27年度公募の概要について/山田誠一 申請書作成時の留意点について
第37回 2014年3月5日 大塚 裕史 神戸三大過失事件(歩道橋・砂浜陥没・JR脱線)と事故防止責任
第36回 2013年10月2日 角松 生史 科学研究費補助金研究計画調書の作成について
第35回 2013年9月25日 池田 公博 科学研究費補助金研究計画調書の作成について
第34回 2013年9月13日 坂元 茂樹 日本の領土問題:尖閣諸島を中心に
第33回 2013年1月30日 小野 博司 ある法制官僚の軌跡
第32回 2012年10月3日 安藤 馨 現代自由意志論の諸相:論理的決定論を巡って
第31回 2012年1月25日 飯田 秀総 株式買取請求権の構造と買取価格算定の考慮要素
第30回 2011年11月2日 田中 洋 売買における買主の追完請求権―売買法の現代化と契約の類型論的考察
第29回 2011年7月27日 赤坂 正浩 人権侵害の解釈図式としての『三段階審査論』―その功罪
第28回 2010年7月28日 山田 誠一・品田 裕 科学研究費補助金研究計画調書の作成について
-法学分野と政治学分野それぞれの例を素材にして-
第27回 2010年7月14日 磯村 保・宇藤 崇 法科大学院の教育方法改善にかかる意見交換会
第26回 2010年6月2日 藤村 直史 内閣総理大臣の指導力と政党の一体性
第25回 2010年3月17日 多湖 淳 武力行使の政治学
第24回 2009年11月25日 榊 素寛 同時多発テロの私法的側面
第23回 2009年3月4日 宮沢 信二郎 デッドファイナンスと投資行動
―資産代替効果と投資水準に関する再検討―
第22回 2009年2月12日 島村 健 温暖化防止の法政策の動向
第21回 2008年1月16日 窪田 充見
島並 良
法科大学院教育支援プログラムについて
第20回 2007年4月11日 蓮沼 啓介 日本史の法哲学
第19回 2007年2月14日 森下 敏男 最近のロシアの不気味な動向
第18回 2006年11月20日 安井 宏樹 ドイツにおける『格差社会』論争 :
福祉国家改革構想の錯綜
第17回 2006年7月18日 角松 生史 景観利益の法的位置付け―その『わからなさ』
第16回 2006年3月22日 大西 裕 強そうで強くない韓国の大統領
第15回 2006年1月19日 根岸 哲 広義の『競争法』の構想
第14回 2005年9月14日 池田 公博 ドイツ参審裁判における裁判官と参審員との協働
第13回 2005年7月21日 濵本 正太郎 サイバースペースにおける国際法の役割―Yahoo!オークション事件を手がかりに―
第12回 2005年2月16日 増島 建
濵本 正太郎
EU Institute in Japanについて
第11回 2005年1月27日 馬場 健一 日本における訴訟回避傾向再考
第10回 2004年12月24日 浦野 由紀子 同性愛者に対する法的保護
第 9回 2004年11月30日 加藤 貴仁 株式会社における議決権の配分
第 8回 2004年10月28日 淺野 博宣 合憲性審査における国家の意図の評価
第 7回 2004年6月29日 島並 良 職務発明と当事者の期待
第 6回 2004年5月31日 渋谷 謙次郎 EU東方拡大とロシア
第 5回 2004年4月26日 櫻庭 涼子 雇用における年齢差別の禁止
第 4回 2003年7月2日 高橋 裕 裁判外紛争処理制度(ADR)の研究動向
第 3回 2003年5月14日 樫村 志郎
山本 顯治
COE計画の説明
第 2回 2002年12月4日 網谷 龍介 EUにおける社会アクターの行動と国境横断的ガヴァナンスの生成 ―ポスト・ナショナルな民主制か政治の終焉か?―
第 1回 2002年10月30日 橋爪 隆 ドイツ在外研究を振り返って