教員紹介

高橋裕(たかはし・ひろし)

主要研究テーマ 現代の日本社会における法制度(特に裁判外紛争処理制度)の役割
経歴 1969年 神奈川県横浜市生まれ
1987年 私立聖光学院高等学校卒業
1991年 東京大学法学部卒業
1993年 東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了
1996年 同博士課程単位取得退学

1996年 東京大学社会科学研究所助手
1999年 関西学院大学法学部専任講師
     同助教授を経て
2003年 神戸大学大学院法学研究科助教授
2007年 神戸大学大学院法学研究科准教授
2008年 同教授
主要研究業績 「戦後日本における法解釈学と法社会学-川島武宜と来栖三郎における事実と法」『法と社会研究』1号(2015年)所収

柳川隆・高橋裕・大内伸哉編『エコノリーガル・スタディーズのすすめ』(有斐閣、2014年)

「借地借家調停と法律家-日本における調停制度の導入のー側面-」早川吉尚ほか編『ADRの基本的視座』不磨書房(2004年)所収

「ADRにおける弁護士の役割に関する-試験」阿部昌樹ほか編『司法改革の最前線』日本評論社(2002年)所収

「司法改革におけるADRの位置」法と政治(関西学院大学)51巻1号(2000年)

神戸大学研究者紹介システム
個人HP http://outside.in.coocan.jp
公的活動 関西学院大学非常勤講師(2012年4月-2013年3月)
日本法社会学会理事(2011年5月-現在)
仲裁ADR法学理事会(2013年-現在)
教員紹介