■ 文献資料の探し方に戻る ■


法律・政令・条例・条約などの探し方


 『コンパクト六法』『デイリー六法』『ポケット六法』のような小型六法――法学部生たる者、必ず持っているはず――に載っていない法令はどう探せばいいでしょうか。

法律・政令・省令

 最も簡単・迅速・網羅的な方法は、総務省の「法令データ提供システム」を利用することです。法令名が分からなくても、同ページの下の方にある「法令用語検索」で探すことができます。たとえば、「日照権」について調べている場合、「日照」という語をタイトルに含む法令を探しても何も出てきませんが、「法令用語検索」で調べるとたくさんヒットします。

 紙媒体で検索したい場合、まず、『小六法』や『六法全書』のようなやや大型の六法を参照します。それでも見つからない場合は、『○○六法』という、分野別に法令をまとめた資料集を利用します。神戸大学附属図書館OPACの検索語欄に「六法」とだけ入力して検索してみると、『ウォーターフロント開発六法』や『年金六法』といった『○○六法』が大量に見つかります。それでも見つからない場合、『現行法規総覧』(法学研究科資料室・社系図書館所蔵)を参照してください。ただし、紙媒体で検索する場合、見つかったものが現行の法令である保証はありません。既に廃止されていないか、あるいは改正されていないか、「法令データ提供システム」で確認しましょう。

条例

 地方公共団体が定める条例などは、「法令データ管理システム」には収録されていません。それぞれの自治体のホームページに行って、そこから探してみましょう(条例等をインターネットで公開している自治体のHP一覧はこちら)。たとえば、兵庫県であれば、HPの下の方の「お知らせ」のところに「県法規データベース」があります。神戸市の場合は、「サイト内キーワード検索」に「条例」と入れて検索してみましょう。

 自治体のHPで条例が公開されていない場合は、紙媒体に頼らざるを得ません。上の分野別『○○六法』には条例を含んでいるものがかなりありますので、それをあたってみましょう。また、神戸大学附属図書館OPACで「条例」を検索すると、いろいろな条例集があることが分かります。それでも見つからない場合は、当該自治体に直接問い合わせれば、入手方法を教えてくれます(自治体のHP一覧はこちら)。

条約

 国と国との間(あるいは国際機構との間)で締結される条約は、小型六法に相当する『解説条約集』『国際条約集』『ベーシック条約集』に基本的なものが収録されています。そこにないものは、『○○六法』に相当する『軍縮条約・資料集』や『国際経済条約・法令集』などを探してください。神戸大学附属図書館OPACで「条約」を検索すると、多種多様な条約集が見つかります。日本が当事国になっている条約は、外務省発行の『条約集 二国間条約』『条約集 多数国間条約』(社系図書館所蔵)に全て掲載されます。ただし、刊行が遅いので、『官報』を見る必要もあります(官報については下記参照)。現在、条約の電子化も進められており、新しい条約については外務省HPで見られるようになっています。

 国会承認条約(憲法73条3号)の国会での審議過程については、国立国会図書館の「日本法令索引」で検索することができます。

旧法令

 現在通用していない法令(条文)は、どうすれば見つけられるのでしょうか。たとえば、刑法200条(尊属殺人)について最新の小型六法を見てみると、「削除 平七法九一号」と書いてあります。この場合、図書館で平成七年度以前の六法を見れば簡単に見つかります。

 六法などに載っていない法令については、国立国会図書館の「日本法令索引」で検索し、制定年月日と法律・政令番号を控え、それを基に『官報』を検索します。

 『官報』は、社系図書館で参照できます(最近一週間に発行された官報のみは国立印刷局のHPで見ることができます)。1996年6月以降発行の官報については、インターネット上で検索できるようになっています。

 『旧法令集』という本も出ています(社系図書館所蔵)が、ごく一部のものが掲載されているだけです。

 なお、国立国会図書館の法令議会資料室HPも参照してください。