案内

神戸大学法科大学院の目指すもの

社会の多様化、高度技術化、国際化、および、市場化が進む中で、わが国の社会は、質的に高い能力を有する多くの職業法曹を必要としています。

神戸大学法科大学院は、このような社会の要請に応えるため、次の3つの目的を掲げています。
第一は、“すべての法曹に必要な基本的な知識と豊かな応用能力を有する職業法曹を養成すること”です。法曹が専門職業人である以上、そこに共通に必要とされる膨大な知識があることは当然ですが、本学法科大学院においては、そのような知識を十分に有していることを前提として、さらにその知識を多様な現実社会において妥当させる豊かな応用力のある職業法曹の養成を目的としています。

第二は、上記のような基本的な法領域に関する知識・能力に加え、“ビジネス・ローと呼ばれる広義の企業取引に関わる先端的分野について、特に深い知識と応用能力を有する職業法曹を養成すること”です。社会の高度技術化、市場化、グローバル化が進む中で、各種の経済取引は複雑化し、それをめぐる法的紛争も非常に複雑かつ高度なものとなっています。本学法科大学院は、企業取引、知的財産、国際取引などに関わる先端的な法分野について、充実した教育を提供し、国際的なビジネスシーンで活躍できる法曹の養成を行うことを目的としています。

第三は、将来の実定法の研究者を養成することです。将来に向けて法曹教育を継続的に行っていくためには、実定法の研究・教育の役割を担う人材が必要になります。本法科大学院は、そのような将来の法曹教育を担う人材を育成することも目的としています。

以上の目的を達成するため、本学法科大学院は、優れた資質と強い勉学意欲を有する学生を受け入れ、所属教員の高い教育・研究能力を活用し、現在必要とされている高度な能力を身につけた職業法曹を社会に送り出すことを目標としています。

神戸大学法科大学院の目指すもの