概要

「3年次飛び入学」について

制度の概要

神戸大学法科大学院では、成績の優れた学部3年次の学生に、神戸大学法科大学院の入学試験の受験資格を認めています。その要件は以下のとおりであり、入学試験に合格した場合、学部を卒業しなくても、神戸大学法科大学院に入学することができます。

未修者コース、既修者コースいずれについても、3年次飛び入学による出願が可能です(併願も可能です)。神戸大学法学部の学生だけでなく、神戸大学の他の学部あるいは他大学の学部生のみなさんも、3年次飛び入学による出願をすることができます。

出願要件

「3年次飛び入学」により出願するためには、①日本の大学に,法科大学院入学の前年度の3月末時点で3年在籍することとなる者であって(在籍期間要件)、②出願時に、卒業に必要な単位のうち90単位以上を修得しており、かつ、その修得単位のうち60単位以上が「優(80点)」以上の評価であること(修得単位要件)、が必要です。出願要件について、正確には、最新の学生募集要項の記述を確認してください。また、最新の神戸大学法科大学院・入学試験FAQ(神戸大学大学院法学研究科ウェブサイト)も適宜参照してください。

早期卒業との関係について

学部の3年次卒業(早期卒業)を予定している方は、大学卒業見込みの出願資格により、神戸大学法科大学院入学試験に出願することができます。もっとも、結果的に3年次で卒業できなかった場合には、神戸大学法科大学院への入学は認められないことになります。そのため、3年次卒業(早期卒業)をめざしている出願者の方が、3年次飛び入学の出願要件も充足する場合には、両方の出願資格により出願することを勧めています。

概要